住宅ローンの滞納で、連帯保証人に迷惑をかけそう

住宅ローンの返済が滞り金策に走り回ったが、返済のメドが立たない。家を売却してもローンが残ってしまう。もう、自己破産するしかないのだろうか?そうすると、連帯保証人に多大な迷惑をかけてしまう…。

 

--債務者本人が自己破産すると、その債務は連帯保証人に移り一括返済を求められます。その場合、連帯保証人も自己破産してしまうことが多いのです。

 

 

連帯保証人になってくれている人とは信頼しあえる間柄のはず。そんな人に迷惑どころか人生まで狂わせてしまうようなことは誰もしたくはありません。だからこそ、悩んでいるのですが…。

 

もう、どうにもできないと思える状況ですが、まだ打つ手はあります。

任意売却を進めます

それは、任意売却です。

 

自己破産すると自分の意志で不動産を売ることができなくなりますが、任意売却は、所有者の任意で行う民間の売買取引きです。専門の不動産業者が間に入り、債権者の同意を得て残債のある不動産を売却します。

 

この方法で売却できれば、残債の減額や返済の仕方を債権者と交渉できるので自己破産を回避できる可能性が高くなります。
また、自己破産が避けられないとしても、さきに任意売却をしておけば、債務を減らすことが可能なので、連帯保証人への迷惑も小さくできるのです。

 

連帯保証人にできるだけ迷惑をかけずに債務を整理したいと悩んでいるなら、任意売却をおすすめします。


このページの先頭へ戻る