破産管財人

債務整理の専門用語である破産管財人とは、自己破産をした場合に、債務者の財産を債権者に配分する役目を果たす人のことを言います。

 

自分で到底支払うことができない程の借金をしてしまった場合、その返済の救済方法として、自己破産をすることを選択することがあります。

 

自己破産するためには、裁判所に自己破産の申し立てを行いますが、裁判所が、提出された資料や面接を通して得た情報に基づき、破産を認めた場合、破産の手続き開始の決定を下します。

 

 

その破産手続きをするに当たり、債務者が持っている資産が調べられます。

 

債務者が、債権者に配分するに当たらない程の資産しか持ち合わせていない場合は、破産管財人をたてることなく、同時廃止になります。

 

しかし、換価できる資産がある場合、この破産管財人が裁判所によって選任されます。

 

選ばれる破産管財人は、通常は裁判所に選任候補として登録されている弁護士から選ばれます。

 

この破産管財人が選ばれると、破産管財人は、債務者の財産を管理し、調査し、評価します。

 

この破産管理人が行う一連の手続きを管財事件とも言います。

 

破産管財人は、債務者の財産の評価や調査などが終わると、債権者を招集する集会を取り決めます。

 

そして、債務者の財産を債権者に配分します。

 

破産管財人は、債務者の代理人として財産を処分するわけではありませんので、どの財産をどのような評価で、誰に配分するかに関して債務者の意見が考慮されることはありません。

 

この手続きには、約一年ぐらいかかり、費用も50万円ぐらいかかるとも言われています。


このページの先頭へ戻る