差し押さえ後の任意売却

差押とは、財産が裁判所の管理下に入るということをいいます。不動産が主ではありますが、価値ある動産、債権なども差押の対象となり裁判所の管理下となることがあります。ただ、任意売却に関連するのは、もちろん不動産の差し押さえです。

 

住宅ローンの支払いが滞ってしまった場合、抵当権者(銀行)などは裁判所に申し立てて差押をすることができます。これは次に競売をするための前提手続きです。
競売申し立てが受理されると裁判所書記官の嘱託により(つまり裁判所から法務局への連絡があって)、差押の登記がされます。

 

差押の登記が入ってしまったら、もう任意売却は不可能なのでしょうか。この点は、実は差押は、申し立てをした人が取り下げることが可能です。
そのため、差押登記後であっても、抵当権者である銀行等に懇願をして承諾をしてくれれば差押を取り下げてもらい、任意売却を検討することは可能です。

 

ただ、実際の競売の申し立てには費用もかかりますので、実際に差押が入った場合にはよほど任意売却によるメリットがなければ、差押の取下げに応じてくれる可能性は低いと言えます。

 

差押後に任意売却の可能性を考える場合には、専門の不動産業者・司法書士等に交渉を依頼することが一般的と言えます。


このページの先頭へ戻る