リスケジュールとは

リスケジュールというのは、企業が金融機関への返済ができなくなる、もしくは非常に苦しくなったときに、金融機関に返済計画の見直しをお願いすることです。
金融機関へは現状の資金繰りと、返済計画を変更したことにより、どのようなメリットがあるかを理解してもらう必要があります。

 

それには、どのようなメリットを金融機関が好むのかというツボを抑えた事業計画が必要となります。

 

 

これらの交渉には金融機関との交渉経験や内情に関する知識が無ければ思うような絵を描くことができず、、熱意だけではなかなか難しい作業です。
資金繰りが大変なときに専門家の手を借りるというのは抵抗があるのは理解できます。
しかし、資金繰りが厳しいからこそ専門家の手を借りて、少しでも早く再建を果たさなければならないのです。

更新履歴


このページの先頭へ戻る